Speedy NEWS

プラ子の活動が7月8日の朝日新聞に取り上げられました。


0712_001.jpg

「現地でNPO 元渋谷系ギャル 自立支援は恩返し」

2006年よりたった一人でアフリカに渡り、現在もボランティア活動を続けているプラ子(栗山さやか)。

元渋谷ギャルがなぜアフリカでボランティアをしているのかずっと気になっていました。

 

以前プラ子になぜアフリカでボランティア活動を始めたのかを聞いた時に、
「目の前に苦しんでいる友人がいたから、自分にできることをしようとしたのがボランティアのきっかけだ」とプラ子は、言っていました。

 

でも、本当にそれだけなのかな?と少しひっかかる部分がありました。

それは自分がプラ子になったとしたら?と立場を置き換えた時に、命の危険や今の生活のことなどに頭が回り、それだけでは絶対にボランティア活動につながるとは思えなかったからです。(例え、目の前の人を一人だけ助けることができたとしてもボランティアとして続けていくことは私には無理だと思いました。)

 

ですが、今回この記事を読みプラ子がなぜボランティア活動を始め、今までずっと続けてこれたのか、本当の理由を理解することができました。

 

「アフリカの人たちに優しくされたから恩返しがしたい!」

その気持ちがきっかけで、プラ子はボランティア活動を始めました。

 

…すごいとしか言えません。
目の前の人への恩返しはもちろんですが、人からの優しさに恩返しをするために始めたと…。
きっと気付いた瞬間=“今”から始めて、意識せずに動いていたのでしょう。今日からではなく、今…。
しかも自分のためではなく人のため。

プラ子が優しくて強い女性ということを改めて気付きました。
また、同年代の自分が日本でくだらないことで落ち込んでいる場合ではないと奮い立たせてくれました。

 

私はこの記事を読み、彼女に共感する気持ちが増し、今後も陰ながら、プラ子を支えていきたいと改めて思いました。

 

寄付だけではなく、日本の女性が遠いアフリカで頑張る姿をもっとたくさんの人に知ってもらうべく活動も私の使命なのではないかと思います。

今まで3回続けてきた「さんぽの会」ももっともっと続けていきますので、少しでもプラ子に共鳴共感された方は、ご参加いただけると嬉しいです。

 

日本でプラ子の為にできることは、今後も続けていきます!

プラ子のためのボランティアへのご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

 

(「プラ子旅する。」携帯配信担当:ソニー・デジタル 鈴木)


■関連リンク
プラ子(栗山さやか)の活動が読めます。

ぜひアクセスしてください。
┗プラ子旅する。ブログ
 携帯はこちら:http://bit.ly/cuXWKj
 PCはこちら:http://bit.ly/7EgyQp

プラ子(栗山さやか)支援用寄付窓口
プラ子への寄付にご協力いただける方は、下記口座までお願い致します。
責任を持ってプラ子にお届けさせていただきます。

銀行名 三井住友銀行
支店名 浜松町支店
種別 普通預金
口座番号 7426680
口座名義 カ)ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス
振込名 お名前の前に「プラコ」といれてください。例)プラコ ヤマダ タロウ

アーカイブ

カテゴリー