Speedy NEWS

Speedy Resorts 地盤調査に関するスタッフミーティング

Speedy Resorts

本日は 地盤調査の結果の確認と、これからの進捗を関係者で確認。

この崖っぷちの土地の奥行きについて、ジャングル過ぎて みんな図面でしかわからない。
なので、崖を降りながらその全容を確認する必要があった。

このリゾートが3階建なのか4階建てなのかは、これから明らかになる(のかな?w)
少なくとも、1階がルーフトップの高さの位置になることは決まっているのだ。

新原(ミーバル)ビーチへ続く小道は、攻撃性の高い蚊が多くおり、ほぼジャングル。
ここが、うまいことビーチへ開通すれば、サウナから海に飛び込む!が実現できる。

わたしは、衛星放送、iモード、映画、舞台、美術館、ギャラリーなど多様なエンタメメディアをプロデュースしてきたが、リゾート開発はこれが初めてじゃないかな。

20代のときに、東北新社の創業者 植村伴次郎さんの鞄持ちで世界中をお供し、ありとあらゆる建築様式を見て、触って、教えてもらった。その経験も活かせると思う。

植村さんは、世田谷の尾山台に南仏風プールリゾートのような自宅を設計され、自身でもナショナルトレーディングというインテリア会社をお持ちだった。アートにも造詣が深く、いま考えてみたら、植村さんからの薫陶が いまの自分にどれだけポジティブに影響していることか。
2022年に完成予定ですので、お楽しみに!

スナップは…
・この土地を譲ってくれた不動産業60年の「みえばし商事」當山 孝昌さん(左から3番目)
・設計事務所「Atelier TETE」を主宰する若い建築家 山本隼也さんと香織さん(右からお二人)
測量チームは「上原事務所」の上原清さん(左からお二人)と杉本北斗さん(左から一人目)
オール沖縄でやっていきます!